music TV番組

平野紫耀さんが背中を押されたグッとフレーズ「♪僕がいた」MASH

2022-10-18

2022年10月21日(金)よる7時!!TBS「この歌詞が刺さったグッとフレーズ♪」第6弾

「アイドルソング」「ふるさとソング」「実体験を元に書かれた楽曲」などの“グッとフレーズ”を世代別に紹介!

出演者

【MC】加藤浩次(極楽とんぼ)
【進行】江藤愛(TBSアナウンサー)
【アーティストゲスト】小渕健太郎、高橋優、寺岡呼人
【VTRゲスト】VTRゲスト平野紫耀、本田翼、かまいたち
【スタジオゲスト】アンミカ、上地雄輔、佐藤栞里、チャンカワイ、土田晃之

平野紫耀「アイドル・俳優と多忙を極めるなか聴くグッとフレーズ!」

20代・平野紫耀さん

♪僕がいた/MASH

平野紫耀『僕自身がけっこう大変な時とか雁字搦めになってしまっている時とかリフレッシュする時間もない時に絶対聴く曲』

MC加藤『最近いつ聴きました?』

平野『昨日聴きましたw』

加藤『ドラマ大変なんだね!w』

平野『ちょっとやめてください!w』

ドラマの主演やking&Princeとして7都市ライブツアーなど、超多忙な日々を送る平野さん

シンガーソングライターのMASHさんが夢を追いかけることの大切さを歌にした隠れた名曲

平野さんがこの曲と出会ったのはking&Prince結成前のジャニーズJr.時代

いつかデビューができると信じて活動を続けていた平野さんでしたが、デビューができないまま20歳を迎えこのままジャニーズJr.としてやっていくのもどうなのかと思っていて辞めようか悩んでいた時にダメもとでジャニーさんへ相談をしに行ったそうです。

その平野さんの背中を押したグッとフレーズ

いいよな いいだろ
さぁいこうLife
夢があるなら

作詞:MASH

平野『自分に言い聞かせているようなフレーズ、このパートを聴いて「いけるか?いや、まぁいけるよな!」みたいな。ある意味安心させてくれるフレーズで、もうとりあえずガムシャラに進やめようとむんだ!ていう。僕もその時一か八かだったんで、もう言いに行って「Youたちデビュー出来ないよ。無理だよ、歳も歳だから。」て言われたら僕はもう辞めようと思ってたので…』

加藤『その時、なんて?ジャニーさんは』

平野『全然前向きじゃなかったですね、最初の方は。「ずっと数字に追われる人生になるよ」ていうことを教えてもらって、その場ではOKってことではなくて、(会見の)朝だったかな?前日だったかな?電話が来て「明日会見やるから来てね」』

加藤『ホントにそういう感じなんだね。』

平野『はい。で、「あ…はい、わかりました…」って現場行ったらデビュー会見だったんです。』

2018年1月17日king&Princeデビュー会見

MC『どうでした?辞めようとしてて、直談判までしてデビューが決まった時はどういう気持ちでした?』

平野『嬉しさよりも僕は、なんていうんですかね?なんか覚悟みたいなの方がでかかったですかね。ジャニーさんとすごく親しくさせてもらってましたし、ジャニーさんからデビューさせてもらうのは僕たちが最後なんだろうなって、何となく勘づいていたのでホントにジャニーさんが遺してくれた僕たち(king&Prince)、そしてジャニーさんがデビューさせてくれたことに恥じないような活動をしていかなきゃな、だから準備運動してスタートラインに立たなきゃいけないなっていう気持ち…』

加藤『落ち着いてるね。』

平野『意外と、なんか落ち着いてましたね。』

平野『ジャニーさんが僕たちデビューさせていただくときとか、亡くなる直前に「Youたちは全部自分たちで決めてやればいいから。それがきっと正解だから。」って言ってくれたんです。「曲決め」から「ジャケット写真」から「ミュージックビデオ」から「MV監督」から「曲のアレンジ」から、全部自分たちで決めていて、会議室は論破のし合いみたいな。僕らが出した意見でいかに大人の人たちを納得させられるかみたいな。』

加藤『でも、それ楽しいでしょ?』

平野『めちゃくちゃ楽しいです!切磋琢磨しあいじゃないですけど、メンバー内でも考え合って意見を出すっていうのは素晴らしいいことだなと、たとえばそれで何かが失敗しても大人の人たちが怒られるのではなくて、僕たちが怒られたいです。本当は…』

加藤『それ凄い大事だね。』

平野『ホントに責任感を持って、文句は僕たちに言ってもらって構わないぐらいの気持ちで出来てるっていうのがすごく幸せな環境だなと思っています。』

背中を押されたグッとフレーズ きた!
20代 紫耀くんの刺さった曲 MASHの『僕がいた』
紫耀くん デビュー当時の話
泣ける
#グッとフレーズ
#平野紫耀
平野紫耀のグッとフレーズ

MASHの僕がいた

いい曲だなー!

ポンコツ具合と可愛さも素敵さもわかったから、平野紫耀の魅力を知った気がする
グッとフレーズ号泣やんこんなん( ; ; )(泣きすぎ)
紫耀くんアイドルになってくれてありがとう( ; ; )
グッとフレーズの紫耀さん泣けるほんとに無理無理😭😭😭
僕がいた素敵な曲とゆーかこういう曲好きだから刺さる、、紫耀くんからいろんなお話し聞けて良かった🥺
グッとフレーズさんありがとうございます😭
#平野紫耀
#グッとフレーズ
紫耀くんが背中を押された
グッとフレーズ

次の日に向かっていく曲

僕がいた / MASH

◍ ◡̈ ◍ ◡̈ ◍ ◡̈ ◍ ◡̈ ◍ ◡̈ ◍ ◡̈ ◍ ◡̈ ◍
◡̈ #グッとフレーズ 平野紫耀 ◍
グッとフレーズの紫耀くんのお話
なんでか涙でてきた🥲
本当にとっても大好き
一生ついていくからねー🥲
グッとフレーズ、紫耀くんの話を聞き入っちゃったなぁ

「文句があるなら僕たちに言ってもらって構わない」

これ言えるのはしっかり覚悟をもって色々自分達で決めてるって事なんだろうな
ちゃんと考えて前に進んでるんだよね

本田翼「男女の“出会いと別れ”を感じるグッとフレーズ!」

30代・本田翼さん

TBS「この歌詞が刺さったグッとフレーズ」Twitterより

♪もう一度キスしたかった/B‘z

本田『ホントにこれ1曲聴くだけで1本映画を観たぐらいの気持ちになるような作品です。』

かまいたち「交友が深いRADWIMPSのグッとフレーズ!」

40代・かまいたち濱家さん

♪週刊少年ジャンプ/RADWIMPS

どこの何者でもない君も
あの時の少年は 最前列で君のことを
君だけを見ているよ 君だけもヒーロー
君だけを見ているよ

作詞:野田洋次郎
よーじろーの優しい声がち好き
週刊少年ジャンプとかまじやば
RADの週刊少年ジャンプ、めっちゃ聞いてたわ!懐かしい!!!
RADの週刊少年ジャンプはほんとに天才いつ聞いても染みるな~~~~~
だいすきだよほんとにかまいたちもだいすき
RADWIMPSの週刊少年ジャンプって歌
すごく良いですね。かまいたちと重なって泣けました。
RADの週刊少年ジャンプの期間限定MVみて号泣した覚えしかないからまた載せてほし
RADWIMPSの週刊少年ジャンプでうっかり泣きかけた…🥺
これ、自分が10代でこれからって時に聞かせて欲しかったと思いつつ、年を重ねた今だからこそ刺さりまくるってのあるよね…😢
当時の自分がずっと見てるってきっつ…子供の頃の自分に申し訳ない事してる自覚がある分余計に…😭

#グッとフレーズ
中学の時週刊少年ジャンプ聞きながらチャリ漕ぐのめっちゃ好きでずっとリピートしてた
RADの週刊少年ジャンプ、わかってたけど改めて聴くとほんとしんどい
かまいたち2人の選んだ曲がRADWIMPSで、もう最高です😭
週刊少年ジャンプとかまじで神曲。ほぼ神曲だけど。
てか、ライブで聴いてみたい。
テレビ越しでうるってきたもん。
RADの週刊少年ジャンプ、めっちゃ好きだったなあ
期間限定のMV何回も見たなあ懐かしい🥲

40代・かまいたち山内さん

♪スパークル/RADWIMPS

互いの砂時計
眺めながらキスをしようよ
「さよなら」から一番遠い 場所で
待ち合わせよう

作詞:野田洋次郎
RADの曲の中でもとくにこのスパークルの「さよならから1番遠い場所で待ち合わせしよう」と「愛し方さえも君の匂いがした」はまじで初めて聞いた時やばすぎるすごすぎるなんやこの言い回しってなったし君の名はのためにこそ作られててほんと鳥肌なんすワァ

-music, TV番組
-