本ページにはプロモーションが含まれています。

music

2022年に最も検索された歌詞・アーティストランキングTOP10

2022-12-31

2022年12月29日18:00〜22:00TBS「この歌詞が刺さったグッとフレーズ!」第7弾4時間SP世代別 歌詞が刺さる名曲55連発

2022年最も歌詞を検索されたアーティストは誰なのか?

番組では歌詞検索サイトのデータをもとに今年歌詞を検索された回数が多かったアーティストをランキングしていました。

シオカナ

最も検索されたアーティストは誰かな?

出演者

【MC】加藤浩次(極楽とんぼ)
【進行】江藤愛
【アーティストゲスト】岡崎体育、小渕健太郎、橋口洋平
【VTRゲスト】近藤春菜、桐谷健太、チョコレートプラネット、永瀬廉、広瀬すず、吉田麻也
【スタジオゲスト】阿部亮平、上地雄輔、川村エミコ、佐藤栞里、チャンカワイ、土田晃之

>>【2023年】歌詞を検索された曲TOP10「この歌詞が刺さったグッとフレーズ」

1億曲を聴き放題でもっと自由に楽しみませんか?
Amazon Music Unlimitedを試す

【2022】歌詞を検索されたアーティストTOP10

第10位 RADWIMPS

歌詞を検索された曲TOP5

  • 正解 〈約15万回〉
  • なんでもないや 〈約14.9万回〉
  • うるうびと 〈約14.3万回〉
  • 全然前世 〈約13万回〉
  • スパークル 〈約12万回〉

第9位 B‘z

歌詞を検索された曲TOP5

  • ultra soul 〈約18万回〉
  • イチブトゼンブ 〈約8万回〉
  • LOVE PHANTOM 〈約6万回〉
  • いつかのメリークリスマス 〈約5.5万回〉
  • もう一度キスしたかった 〈約5.3万回〉

♪イチブトゼンブ/B‘z

結婚を後押しするグッとフレーズ!

グッとフレーズ♪

愛しぬけるポイントが

ひとつありゃいいのに

イチブトゼンブ」作詞:稲葉浩志

このグッとフレーズについて稲葉浩志さんは「時間が経つにつれ、ついついあれもこれもと全部を相手に求めてしまいがちですが、確固たるポイントさえ忘れなければ幸せな気持でいられるんじゃないでしょうか」

第8位 松任谷由実

歌詞を検索された曲TOP5

  • 春よ、来い 〈約21万回〉
  • やさしさに包まれたなら 〈約13.9万回〉
  • ルージュの伝言 〈約13.6万回〉
  • 卒業写真 〈約12万回〉
  • ひこうき雲 〈約11万回〉

♪卒業写真/松任谷由実

半世紀歌い継がれるグッとフレーズ

グッとフレーズ♪

人ごみに流されて

変わってゆく私を

あなたはときどき

遠くでしかって

卒業写真」作詞:荒井由実

20代女性『私はずっと恋愛ソングだと思って聴いていたんですけど、良く調べたら歌詞に出てくる「あの人」はユーミンさんの美術の先生、それを知ると曲の印象がガラッと変わります。』

第7位 米津玄師

歌詞を検索された曲TOP5

  • LEMON 〈約35万回〉
  • 感電 〈約24万回〉
  • M八七 〈約21万回〉
  • KICK BACK 〈約20万回〉
  • POP SONG 〈約18万回〉

第6位 中島みゆき

歌詞を検索された曲TOP5

  • 糸 〈約32万回〉
  • ファイト! 〈約19万回〉
  • 時代 〈約16万回〉
  • ホームにて 〈約12万回〉
  • 地上の星 〈約10万回〉

第4位の「ホームにて」は有吉弘行さんがラジオで上島竜兵さんが好きだった曲として紹介したことで検索回数が急上昇したそうです。

第5位 back number

歌詞を検索された曲TOP5

  • 水平線 〈約51万回〉
  • 高嶺の花子さん 〈約25万回〉
  • ベルベットの詞 〈約21.5万回〉
  • クリスマスソング 〈約21万回〉
  • ハッピーエンド 〈約20万回〉

♪水平線/back numder

2020年コロナの影響による史上初のインターハイ中止で絶望する高校生へ向けて書かれたこの曲は開会式が行われるはずだった日にYouTubeで公開されました。

グッとフレーズ♪

誰の心に残る事も

目に焼き付く事もまい今日も

雑音と足音の奥で

私はここだと叫んでいる

水平線」作詞:清水依与吏

第4位 Official髭男dism

歌詞を検索された曲TOP5

  • ミックスナッツ 〈約108万回〉
  • Cry Baby 〈約49万回〉
  • Pretender 〈約41万回〉
  • Subtitle 〈約23.3万回〉
  • I LOVE… 〈約23.2万回〉

第3位 嵐

歌詞を検索された曲TOP5

  • カイト 〈約16万回〉
  • A・RA・SHI 〈約12万回〉
  • Love so sweet 〈約11万回〉
  • Happiness 〈約10万回〉

第2位 Mr.Children

歌詞を検索された曲TOP5

  • HANABI 〈約25万回〉
  • 永遠 〈約22万回〉
  • 365日 〈約20万回〉
  • 生きろ 〈約16万回〉
  • 終わりなき旅 〈約13万回〉

第1位 Ado

歌詞を検索された曲TOP5

  • 新時代 〈約109万回〉
  • Tot Musica 〈約84万回〉
  • ウタカタララバイ 〈約60万回〉
  • 私は最強 〈約45.5万回〉
  • うっせぇわ 〈約45.2万回〉

2022年に最も検索された歌詞の第1位は、映画「ONE PIECE FILM RED」の劇中歌「新時代」でした。

この曲は、2022年のApple Musicで再生回数が日本人初の世界1位になった曲です。

メインアーティスト:Ado
¥250 (2023/03/26 17:49時点 | Amazon調べ)

まとめ

以上、2022年に最も検索された歌詞のアーティストランキングTOP10をご紹介しました。

このランキングは、音楽ファンが特定のアーティストの歌詞に興味を持ち、積極的に検索した結果に基づいています。今後も様々なアーティストの楽曲が生まれ、ファンの方々が彼らの歌詞に興味を持つことが期待されます。

2022年、歌詞を検索されたアーティストランキングTOP10

1位 Ado
2位 Mr.Children
3位 嵐
4位 Official髭男dism
5位 back number
6位 中島みゆき
7位 米津玄師
8位 松任谷由実
9位 B‘z
10位 RADWIMPS

シオカナ

1位は2022年大活躍のAdoさんの「新時代」でした♪

-music
-,