本記事にはプロモーションが含まれています。

ニュース・生活

厚労省、カスタマーハラスメント対策で従業員保護を企業に義務化へ

2024-05-12

シオカナ

カスハラって知ってる?

顧客からの理不尽な要求で従業員が困る「カスタマーハラスメント」が社会問題になっているの。

これに対応するため、厚生労働省が労働施策総合推進法を改正し、企業に従業員の保護を義務づける方向で検討中だとか。

政府が6月に発表する予定の「骨太の方針」で、具体的な対策が示されるみたいだよ!

カスハラって何?

カスハラって何?

カスタマーハラスメント、略してカスハラっていうのは、顧客が企業の従業員に対して理不尽な要求や暴言をぶつけること。

特にお店のスタッフやカスタマーサポートの人たちがターゲットになることが多く、みんなそのストレスに苦しんでいるんだって。

どうして法改正するの?

どうして法改正するの?

2019年に職場でのパワハラ防止策を義務化した法律ができたけど、それだけじゃ足りないってことで、カスハラ問題も今度の法改正で取り上げられることになったの。

カスハラが原因で働く人たちのやる気がなくなっちゃったり、仕事を辞めちゃったりするから、政府も対策が必要だって考えているんだって。

具体的な対策って?

具体的な対策って?

  • 対応マニュアルの作成: どうやってカスハラに対応するのか、マニュアルでちゃんと決める。
  • 相談窓口の設置: カスハラで困っている人がすぐに相談できる窓口を作る。
  • 啓発活動: カスハラについて知ってもらうために、ポスターや研修を使ってみんなに伝える。

企業にとってのメリット

企業にとってのメリット

従業員を守るために企業も新しいルールに合わせる必要があるけど、従業員が安心して働ける職場を作ることはすごく大事。

そうすればやる気もアップするし、仕事を辞める人も減るから、長い目で見たらプラスになるよね。

まとめ :カスハラ対策義務化

まとめ :カスハラ対策義務化

厚生労働省はカスハラ問題に真剣に取り組むために、企業に従業員を守るための対策を義務化する予定。

顧客と従業員がみんな安心して過ごせる環境を作るのがポイントだね。

企業は働く人たちが心配なく仕事できるようにサポートして、安心して買い物やサービスを利用できる社会を目指してほしいな。

シオカナ

カスハラ、ダメ!絶対!

-ニュース・生活