本ページにはプロモーションが含まれています。

TV番組

謎多き歌姫を質問攻め!かまいたちがAdoに聞いてみたいことは?

2022年11月19日(日)放送 「ワンピースバラエティ 海賊王におれはなるTV」

なんと、ゲストはフィルムレッドの歌姫ウタの歌唱パート担当のアーティストAdo!

出演者

【MC】かまいたち
【ゲスト】Ado

濱家『今回のゲストは、Adoさんです。よろしくお願いします。』

Ado『初めましてAdoです。よろしくお願いします。』

濱家『なんでオファー受けていただいたんすか?』

Ado『なんでって、なんですか?なんでもしゃべります。』

濱家『出てくれるんすか?みたいな。こっちからしたら。』

Ado『え?そうなんですかね?そんなレアキャラとか、まったくないです。』

山内『レアキャラやろっ!めちゃめちゃレアキャラよ。ちなみに、かまいたちは知ってた?』

Ado『もともと存じ上げてます。』

濱家『ありがとう。』

Ado『テレビでも一緒に母と見てて…』

濱家『お笑いとかは見たりしますか?』

Ado『今は一人暮らししててなかなかですけど、実家にいた時は母がテレビが好きで、特にお笑いとかが好きで母と一緒に色々見てました。』

濱家『まず、ワンピースレッド観させていただきました。最高でした。』

Ado『ありがとうございます。』

濱家『オファー来た時ってどんな感じやったんすか?』

Ado『え、なんかもうウソかドッキリでも掛けられたのかなと思いましてw』

山内『オファーもらった時、(歌唱が)ちょっと多いなって思いました?』

Ado『正直、え?そんな歌うことある?って思いましたw』

山内『そうよねwめちゃめちゃウェイト高かったからw』

濱家『ワンピースで好きなキャラとかいますか?』

Ado『ワンピースだと、みなさんホントに魅力的なキャラクターばっかり…え、でも結構ロビンちゃんが好きです。』

濱家『あーそうなんや。でもちょっとイメージ合うかも。』

Ado『大人っぽいんですけど、たまにルフィーのノリに付き合ったり、ちょっとポワッとしてるのが可愛い…』

濱家『分る、ロビンね。』

今回は、かまいたちがAdoさんに質問を考えてきました。

映画「FILM RED」を観た感想は?

濱家『自分で映画を観た感想はどうでした?』

Ado『家でも、映画館にも観に行ったんですけど、家で観た時はなんかすごくストーリー初見の時はものすごく感動して、映画館でも観たいと思って映画館に実際に観に行ったんですけど、生身の姿の私をイコールで知ってる人なんて友達くらいしかいないのに、その同じ映画館の人は絶対に知らないはずなのに私の歌声が流れてきた瞬間ちょっとキョロキョロしちゃって、逆に目立つ行動しちゃってすごい恥ずかしかったですねw』

映画「FILM RED」で一番大変だったことは?

山内『FILM REDの一番大変だったことは何でしたか?』

Ado『やっぱり楽曲のレコーディングですけど、楽曲のレコーディングの中でも特に大変だった曲は4曲目の「ウタカタララバイ」ですかね。』

ウタカタララバイ

新進気鋭の音楽ユニットFAKE TYPE.が楽曲提供
キャッチーかつメロディアスなトラックにトリッキーなラップが特徴

山内『どういうとこが?』

Ado『やっぱラップをウタはしちゃうので、あ~ウタ、ラップしちゃったか…と思ってw 普段ラップしないのにウタはしちゃうのか~となって、しかもイカしてるラップをこしてマシンガンみたいに速い、もう凄いドドドドっていくようなラップだったのでついていくのがすごい大変でしたね。』

濱家『あ~、Adoさんでもそうなんや。』

映画「FILM RED」で一番好きなシーンは?

Ado『FILM REDの好きなシーン…』

濱家『いっぱいあると思いますけど…』

Ado『なんか何度観てもグッときちゃうシーンがあって、ゴードンさんが「ウタの話をしよう」て言って「世界のつづき」が流れながら回想みたいなシーンで色々絵が移り変わっていくなか、もうウタがもうすごい命が宿ってないのかってくらいの顔をしてるなかゴードンさんがシェフの格好してコックの帽子とか被ってめちゃめちゃ美味しそうな料理をウタに手渡ししてる、なんかはいどうぞみたいな感じでにこやかな顔で渡すところがなんか、ゴードンさ~んってなってしまって…』

濱家『あの締め付けられるシーンね、なんか胸がね。』

Ado『そう、もうゴードンさんに元気出してってなんかもう元気出そうと頑張ってるシーンをホントにもう、あ~!みたいな感じになりますね。』

濱家『良かったよね、確かに。けっこう熱いめの話とか、エピソード好きっぽいですね今の話聞いてたら…』

Ado『FILM RED全体的に家族の話ですけど、やっぱりそういうのは弱いですねホントに。』

親族はAdoの活動を知ってる?

山内『親戚とかご両親はAdoちゃんがAdoっていうのは知ってるの?』

Ado『そうですね。知ってますね、みんなさん。』

濱家『Adoさんてちなみにおいくつでしたっけ?』

Ado『10月24日で20歳です。』

濱家『わ~、おめでとうございます!』

Ado『ありがとうございます。』

濱家『Adoさんなんか欲しいもんないすか?』

Ado『え、急にですか?w シャインマスカットとか…』

山内『一緒一緒、趣味!』

濱家『趣味?』

山内『趣味、おれもシャインマスカット。』

濱家『趣味って、好きな食べもんやろ!どんな経路になるか分かんないですけど、シャインマスカット届くようにします。』

デビュー曲「うっせぇわ」がヒットした時の心境は?

山内『一発目の「うっせぇわ」はめちゃくちゃ社会現象になったじゃないですか、あん時ってどういう心境でした?』

Ado『(社会現象に)なったらいいなとは思っていましたが、ホントにそうなるとは思ってなくてホントに驚きましたね。』

濱家『何歳くらいの時でしたっけ?』

Ado『「うっせぇわ」を出したのが17歳最後の日で…』

濱家『凄いね!俺はマネージャーによく言ってたんすけど、こんな強烈な才能を目の当たりにする瞬間あんねんなぁって言いながら、震える緊張する番組の前は「うっせぇわ」聴いて自分を奮い立たせてたんですけど、あん時17とかやったんやなぁ…』

Ado『そうですねw』

濱家『20上のおじさんも勇気もらってました。ホンマに、ありがとう。』

Ado『嬉しいですね。いや、とんでもない。』

濱家『なんか歌のイメージとかあるからもうちょっとこうバチバチに尖ってる人なんかなと思っててw』

Ado『全然とがってないですw』

濱家『言われるでしょ?』

Ado『あ~、ありましたね。いつも「うっせぇわ」って言ってるんですか?とか。』

濱家『100万回言われましたよね。そんなことはね。』

山内『あぶねー、言いかけてた俺w』

音楽に興味を持ち始めたのはいつ?

濱家『音楽自体に興味持ち始めたのっていつぐらいからなんですか?』

Ado『音楽自体だと小学1年生ぐらい…』

山内『Adoっていう名前の由来ってもう発表してるんですか?』

Ado『そうですね。発表しています。もともとアドっていうのは響き的にはなんか外国っぽいんですけど、実は日本の伝統的な狂言の役柄からきていまして、狂言のその中では主役を「シテ」と呼んで主役以外の脇役を「アド」って呼ぶんですよ。当時この名前を付けたのが小学生くらいだったんですけど、最初はなんかアドってカッコいい!って響きで付けて…w 今は歌う身として、音楽をやっている身として自分の歌が誰かの人生の脇役として支えになってくれたら嬉しいなって想いで活動しています。』

濱家『へ~、だから最初はちょっと響きとかなんとなくイメージでパッと決めたけど、後から追いついてきたみたいな感じですね、今考えると…』

Ado『そうですね。自然と奇跡的に追いついてきて…』

濱家『へ~、良いエピソード!』

好きなものは?

山内『コレクションしてるものとか?』

Ado『コレクションしてるもの、あ~初音ミクのフィギュアとかは集めてますけども…』

濱家『一番高いものを送ります。』

山内『めっちゃ多分高いw 初音ミクの高いヤツ、凄いよ!ま、でも送りますって言ったんで何百万であろうが贈るとおもいます。』

Ado『すごい、すごい!』

山内『等身大のとか出てるもんね。』

Ado『等身大きたらヤバい…w』

カラオケで何歌う?

Ado『あ~カラオケ?カラオケ行ってた時期ありましたね。ヒトカラ…』

濱家『一人で?』

Ado『はい。一人で、ヒトカラ…』

山内『何を歌うんですか?』

Ado『だいたい自分が元々好きなボーカロイド、ボカロの楽曲だったりあとは椎名林檎さんとか、あとはアニメ… だいたいでもボカロですかね。』

山内『ミックミックにしてやんよとかあの辺ですか?』

Ado『すごいとこw それは歌わないですかねw あれは聴く専ですね。』

濱家『結構知ってんの?』

山内『初音ミクの楽曲だけ当時ちょっと聴いてたのよ。』

苦手なことは?

山内『苦手なこととかありますか?これNGやわっていう』

Ado『運動も苦手ですし、あとは虫も大嫌いですし、チマッこいチマっこい虫でも家の中に出たら殺虫剤振り回して疲れるってのをやってます。』

濱家『トドメ刺すまで眠れないタイプやね。』

Ado『そうですね、ホントに…』

Adoっぽくない意外なことは?

濱家『意外なこととか聞きたいっすね。Adoっぽくないエピソードみたいな…』

Ado『Adoっぽくないことだと、え~足ツボを押すとかですかね。』

濱家『足ツボを押す?押す側?』

Ado『私がセルフで足ツボマッサージをして、足ツボを楽しむっていう…』

濱家『へ~そうなんや。押す側かと思った、白衣着て…w』

Ado『違いますw』

濱家『自分でマッサージしたりとか?』

Ado『そうですね。最近もう足ツボマット買って…』

濱家『自分で足ツボマット買ってる人初めてかも。』

Ado『w』

濱家『あんなんなんか整骨院とかに置いてあったり、罰ゲームとかでしか見ないから。買ったら足ツボのここが悪いとかかいてあったりするやんか?どこが悪かった?』

Ado『私なんだっけな?胃と側頭部と…』

濱家『側頭部?』

Ado『あと自律神経でした。』

濱家『へ~、日光浴びなあかんね。』

Ado『あ~ちょっと浴びるクセがなかなかないので…』

濱家『俺も自律神経を整えるためだけに散歩したり日光を浴びたりしてるよ。』

Ado『え~、私もしよ…』

濱家『あとエルダーフラワー飲みや。』

山内『なんやそれ?w』

どんな風に歌ってる?

山内『ライブってどういう形でするんですか?』

Ado『主にシルエットで、でもちらちら見えますか?見えませんか?みたいな感じでやってますね。』

濱家『直に生のお客さんがいる前で歌う方が気持ちいいすか?』

Ado『そうですね。なんかちゃんと人間を感じられてすごいうれしいです。』

濱家『だから今の時代やけど、ぶわってめっちゃ火ついてるけど、今世の中がどうなってるかって実際に目にすることあんまりないっすもんね。』

Ado『そうですね。「うっせぇわ」でデビューする前も後もやっぱりずっと主にネット、SNS中心にファンの方にコメントいただいたりとかやりとりをしてホントに応援をもらってましたけど、でもやっぱりテキストの字だったり画面越しなので現実味がないというか、ホントにいるのかな?みたいな感じに…』

濱家『そうですよね。』

Adoの今後は?

濱家『今後の目標なんかあったら聞いてみたいですね。』

山内『どうなんの?Adoは今後?』

Ado『今後はそうですね、やっぱりそのワンピースのおかげでFILM REDのおかげでホントにたくさんのファンが増えて、海外の方にもたくさん聴いていただけるようになって、FILM REDも11月4日くらいにアメリカでやりますよね。それに伴ってなんか私自身ももっと海外に力を入れてグローバルに活動できたらなと思っております。』

濱家『夢しかないし、どうなっていくのかすごい楽しみみさせていただくだけですけど、ホント…』

「ワンピースバラエティ 海賊王におれはなるTV」

\\ TVerで観る! //

「ワンピースバラエティ 海賊王におれはなるTV」

-TV番組
-,