本記事にはプロモーションが含まれています。

歴史

三国志の面白い雑学24選!人に話したくなる知られざるエピソード満載

2019-05-20

三国志の世界は広大で奥深く、数々の英雄たちが織りなす物語は多くの人々を魅了してやみません。

しかし、ただ歴史を知るだけではなく、その裏に隠された面白い雑学を知ることで、さらに三国志を楽しむことができるのです。

この記事では、三国志にまつわる知られざるエピソードや驚きの事実を24個厳選して紹介します。

これを読むことで、あなたの三国志に対する理解が深まり、歴史の面白さを再発見することができるでしょう。

具体的には、曹操の詩才や諸葛亮の発明品、関羽の神格化など、教科書には載っていないエピソードを掘り下げます。

これらの雑学を知ることで、友達との会話が盛り上がったり、新たな視点から三国志を楽しむことができるようになります。

歴史好きなあなたにとって、この記事はまさに必読です。

三国志の面白い雑学24選

三国志の面白い雑学24選

曹操の詩才と音楽の才能

三国志の英雄、曹操はその戦略家としての才能だけでなく、詩才や音楽の才能でも知られています。

彼の詩は、当時の文人たちに高く評価され、多くの詩集に収められています。

また、音楽にも精通しており、自ら作曲や演奏を楽しんでいたと言われています。

曹操の詩「短歌行」は特に有名で、彼の深い感情と哲学的な思索が感じられます。

このような一面を知ることで、曹操の人物像がより立体的に見えてくるでしょう。

劉備の草履売り時代

劉備は三国志の中でも人気の高い英雄ですが、若い頃は草履売りをしていたことはあまり知られていません。

彼は貧しい家庭に育ち、家計を助けるために草履を売って生計を立てていました。

この時期に彼は多くの人々と接し、その人柄が評価されるようになります。

後に大将軍として名を馳せる劉備の若かりし頃の苦労話は、彼の人間的な魅力をさらに引き立てます。

諸葛亮の発明品「木牛流馬」

諸葛亮(孔明)はその智謀で知られる一方、多くの発明品を生み出したことでも有名です。

その中でも特に有名なのが「木牛流馬」です。

これは、食糧や物資を運ぶための木製の運搬道具で、牛や馬のように自動で動く仕組みになっていました。

戦場での物資補給に大いに役立ったこの発明は、諸葛亮の技術力と創意工夫の証です。

呂布の裏切り者のレッテル

呂布は三国志の中でも最も裏切り者として有名な武将です。

彼は何度も主君を裏切り、その度に新たな主君に仕えました。

特に有名なのは董卓を殺害し、その後も曹操や劉備に仕えたことです。

彼の裏切り行為の背景には、自己利益を追求する性格や、権力への強い欲望がありました。

しかし、その一方で呂布は非常に優れた武将でもあり、その勇猛さは敵味方問わず恐れられていました。

関羽の神格化

関羽は、その忠誠心と武勇で広く尊敬され、後には神として崇拝されるようになりました。

関羽は、義を重んじる姿勢から「義の神」として祭られ、商人や武士、さらには庶民まで多くの人々から信仰を集めました。

彼の廟や寺は中国全土に広がり、現在でも多くの人々が関羽を祀っています。

この神格化の過程は、関羽がいかに多くの人々の心をつかんだかを物語っています。

孫権の飼っていた珍しい動物

孫権はその治世において、多くの珍しい動物を飼っていたことでも知られています。

特に有名なのは白虎や孔雀で、彼はこれらの動物を愛し、大切にしていました。

これらの動物は宮廷の一部として展示され、多くの人々に驚きを与えました。孫権の動物愛好家としての一面は、彼の人間味あふれるエピソードの一つです。

張飛の酒癖

張飛はその豪快な性格と酒癖の悪さで知られています。

彼は酒に酔うと手がつけられないほど暴れることがあり、そのために多くのトラブルを引き起こしました。

しかし、戦場ではその勇猛さと冷静な判断力を発揮し、多くの勝利を収めました。

彼の酒癖のエピソードは、彼の豪放磊落な性格を象徴するものです。

黄忠の老齢にもかかわらずの活躍

黄忠は、老齢でありながらも戦場で活躍したことで有名です。

彼は70歳を超えてもなお、一線で戦い続け、その勇猛さは若者にも負けないものでした。

特に有名なのは定軍山の戦いで、老将としての貫禄を見せつけました。

彼のエピソードは、年齢を感じさせない勇気と気力の象徴です。

司馬懿の智謀と忍耐

司馬懿は、その智謀と忍耐力で知られる軍師です。

彼は長い間、曹操の下で活躍し、その後も魏の重要な役割を担いました。

彼の策略は緻密であり、忍耐強く計画を進めることで多くの成功を収めました。

彼の智謀と忍耐のエピソードは、戦略家としての優れた資質を示しています。

馬超の勇猛さ

馬超は、その勇猛さで知られる武将です。

彼は数々の戦いでその実力を示し、敵味方問わず恐れられていました。

特に有名なのは、曹操との戦いでの奮闘で、その勇猛さは曹操をして「馬超に敵なし」と言わしめました。

彼のエピソードは、勇気と決断力の象徴です。

趙雲の長寿

趙雲は、蜀漢の五虎大将軍の一人で、その勇猛さで知られていますが、実は長寿だったことも有名です。

彼は蜀の初期から終焉まで仕え、70歳を超えてもなお健在でした。

そのため「常勝将軍」とも称されています。

張遼の包囲戦

張遼は、魏の将軍で、彼の名を最も高めたのは「合肥の戦い」です。

この戦いで、張遼は少数の兵で孫権の大軍を包囲し、見事に勝利を収めました。

この戦術と勇猛さは、後世に伝説となっています。

龐統の不遇な最期

龐統は、諸葛亮と並び称されるほどの名軍師でしたが、その才能にもかかわらず短命でした。

彼は蜀軍の重要な一戦である「落鳳坡の戦い」で戦死し、その死を惜しむ声が多くありました。

司馬懿の鷹の使い方

司馬懿は、鷹を使った情報収集で知られていました。

彼は鷹狩りを装って敵の動向を探り、その情報を戦略に活用していました。

このような智略が、彼の多くの勝利を支えました。

甘寧の壮絶な生涯

甘寧は、元は賊であったが、後に孫権に仕え、その武勇で名を馳せました。

彼は、かつての仲間を引き連れ、水軍として活躍しました。

特に有名なのは、「百騎夜襲」で、少数の部隊で曹操軍を奇襲し、大勝利を収めたことです。

呉の賢婦 孫尚香

孫尚香は、孫権の妹で、劉備の妻となった女性です。

彼女は武術に長け、勇敢な性格で知られていました。

劉備と結婚後も、彼の側で戦場に立つこともあったと言われています。

彼女の存在は、三国志の女性たちの中でも特に異彩を放っています。

周瑜の音楽愛

周瑜は呉の名将で、その美貌と才能から「美周郎」とも呼ばれました。

彼は音楽に非常に精通しており、戦の合間には琴を奏でて心を落ち着かせていました。

彼の音楽の才能は、彼をより魅力的な人物にしています。

華佗の医療技術

華佗は三国志の時代に活躍した名医で、多くの先進的な医療技術を持っていました。

彼は全身麻酔を使って外科手術を行ったとされ、特に「麻沸散」という麻酔薬を発明したことで有名です。

彼の技術は現代医学の先駆けとも言えます。

徐庶の忠誠

徐庶は劉備の軍師として一時期活躍しましたが、母親が曹操に捕らえられたことで仕方なく曹操に仕えました。

しかし、彼は劉備に対して非常に忠誠心を持ち続け、劉備のもとに戻ることを望んでいました。

典韋の忠義

典韋は曹操に仕えた忠義の武将で、その強さから「鬼神」と称されました。

彼は常に曹操の側にいて護衛を務め、最期は曹操を守るために命を捧げました。

彼の忠義は、曹操の信頼を得る大きな要因となりました。

魯粛の大戦略

魯粛は孫権に仕えた軍師で、彼の提案した「隆中対」は後に諸葛亮が採用した三国鼎立の基礎となりました。

彼は魏・蜀・呉の三国の均衡を保つことが最善の戦略と考え、そのための外交と軍事計画を進めました。

馬謖の失敗

諸葛亮の部下であった馬謖は、街亭の戦いで大失敗を犯しました。

彼は戦略の重要性を理解せず、諸葛亮の命令を無視して山頂に陣を張り、結果として敗北しました。

この失敗は、後の諸葛亮の慎重な姿勢にも影響を与えました。

黄蓋の苦肉の計

黄蓋は赤壁の戦いで「苦肉の計」を提案し、自らが打たれるふりをして曹操を欺きました。この計略により、曹操は黄蓋の投降を信じ、結果として大敗を喫しました。黄蓋の計略は、三国志の中でも特に有名な策謀の一つです。

姜維の奮闘

姜維は蜀漢の将軍で、諸葛亮の後継者として北伐を続けました。

彼は魏の圧力に対抗し続け、多くの戦いで活躍しましたが、最終的には蜀漢の滅亡を防ぐことができませんでした。

それでも彼の奮闘は、蜀漢の忠誠と努力の象徴として語り継がれています。

まとめ:三国志雑学

まとめ:三国志雑学

三国志は単なる歴史物語ではなく、多くの興味深い雑学やエピソードに満ちています。

この記事では、曹操の詩才や劉備の草履売り時代、諸葛亮の発明品など、24個の面白い雑学を紹介しました。

これらのエピソードを知ることで、三国志の登場人物たちがより身近に感じられ、歴史が一層楽しめるようになります。

こうした雑学を通じて、三国志の世界がより豊かで多面的に感じられることでしょう。

歴史を深く知ることは、過去の人々の生活や価値観を理解し、現代に生かす知恵を得るための一助となります。

三国志の魅力にさらに引き込まれ、新たな発見を楽しんでください。

-歴史
-,