就職・転職

転職に役立つ求人サイトを利用方法

2022-01-14

求人情報サイト

求人情報誌や広告ではなく、インターネットの求人情報サイトを利用して転職先を探しているという人が多くなってるんだって。

ネットには民間が運営する求人情報サイトがあるので、いくつか登録をして情報を取得するのがいいかも。

シオカナ

求人情報サイトに登録してみよう

複数のサイトを利用

いくつも求人サイトを回ることは面倒だと感じる人もいるようだけど、複数の求人サイトに登録することで広く求人が得られるよ。

大体、5つか6つの求人サイトへの登録をするとちょうどいいかも。

とりあえず、2,3個登録してみよっかな

たか

コンサルタントからカウンセリング

転職活動について専門的なアドバイスをもらうため、コンサルタントがいる求人サイトならカウンセリングの利用するのがいいね。

専門のコンサルタントによるカウンセリングなので、場合によっては自分の能力や適性に合った仕事を案内してもらえる場合もあるよ。

自分が何に向いてるかわからん…

たか

会社側からスカウト

求人サイトはカウンセリングだけじゃなく、会社側からのスカウトを受けるシステムもあるよ。

履歴書や自己アピールを会員登録時に入力し、会社側がその内容を見てこれはと思う人に声をかけるというサービスだよ。

求人を出している会社は、一般応募をするだけでなく、人を選んでオファーをすることができるんだって。

人事担当者は登録された情報の中から、面接したい人材がいればスカウトする事ができるみたい。

資格があったり、専門的な知識や経験のある人は、スカウトサービスによって転職できる確率がUPするよ。

条件によっては、転職活動をしていなくても、求人サイトにスカウトサービスで採用先が見つかることもあるかも。

スカウト来ないかなぁ

たか

まとめ

求人サイトをいくつかのぞいて、使いやすい登録先を探してみてね。

シオカナ

素敵な未来がまってるよ

 

未経験分野への転職なら「アーシャルデザイン」

-就職・転職
-