本記事にはプロモーションが含まれています。

映画

映画『孤狼の血』がAmazon プライムビデオで観られる

2021-08-20

柚月裕子によるシリーズ第1作『孤狼の血』を原作として東映により白石和彌監督、役所広司主演で映画化され、2018年5月12日に公開されました

孤狼の血

原作 柚月裕子

監督 白石和彌

出演 役所広司松坂桃李、真木よう子

昭和63年、広島の暴力団と警察の狭間で―「暴力団対策法成立直前の緊迫した捜査

昭和63年、暴力団対策法が成立する直前の時期を背景に、広島で起きた金融会社社員の失踪事件が、新米警察官・日岡秀一の運命を大きく変えることになります。

所轄署に配属された彼は、暴力団との癒着が噂されるベテラン刑事・大上章吾と共にこの難事件の捜査を担当することに。

この物語は、彼らの捜査を通じて、暴力団組織の抗争が激化する中、法と倫理の狭間で葛藤する人々の姿を描いています。

捜査開始:新米刑事とベテランの対比

日岡秀一、若く情熱的な新米警察官は、ベテラン刑事である大上章吾との捜査スタイルの違いに戸惑います。

大上の方法は時に常軌を逸しており、その過激さが時には日岡の正義感と衝突します。

しかし、彼らが捜査を進めるうちに、失踪事件だけではなく、広島の裏社会の暗部にも迫っていくことになります。

暴力団抗争の激化

失踪事件の捜査が深まるにつれて、対立する暴力団組織間の抗争も激化します。

この抗争はただの勢力争いではなく、広島を根城にする複数の暴力団が覇権を賭けて繰り広げる壮絶な戦いです。

日岡と大上は、この抗争を食い止めるべく、暴力団員だけでなく、彼らが手を染める様々な違法行為にも焦点を当てます。

法律と倫理の間で

暴力団対策法の成立を控え、警察内部ではその法律の適用と執行に向けた準備が進められています。

日岡と大上の捜査は、法の成立がどのように暴力団の動きを変えるのか、また、警察と暴力団との間に存在する「グレーゾーン」をどう扱うのかという問題を浮き彫りにします。

日岡は、法律と倫理の間での判断が求められる数々の状況に直面し、彼の警察官としての理念と価値観が試されることになります。

コンクルージョン

この物語は、単なる犯罪捜査ドラマではなく、一人の新米警察官が成長し、自身の信念と正義を見つめ直す過程を描いています。

昭和63年の広島という時代背景が、この葛藤を一層深いものにしており、視聴者にとっては日岡秀一というキャラクターの内面的なジャーニーと共に、日本の社会問題にも思いを馳せる機会を提供します。

孤狼の血をprimevideoで観る

孤狼の血 をprimevideoで観る

prime video

\\ プライム会員は見放題! //

孤狼の血

『孤狼の血 LEVEL2』プライムビデオで見放題独占配信

映画を観るならamazon【プライムビデオ】プライム会員なら実質無料!

-映画
-, ,