本ページにはプロモーションが含まれています。

就職・転職・副業

「伝わる文章術」初心者でも使える文章を書くコツを紹介!伝わる文章術

2021-02-11

「伝わる文章術」は、誰でも使える文章を書くコツを身につけることができる方法です。

文章を書く際には、読者に伝わるような言葉選びや構成を心がけることが大切です。

この記事では、初心者でも実践できる「伝わる文章術」の具体的な使い方について紹介します。

初心者でも使える文章を書くコツを紹介!

文章を書く際に、読者に伝わりやすい表現や構成を心がけることが大切です。

そこで、初心者でも実践できる「伝わる文章術」について、Point(結論)→Reason(理由)→Example(具体例)→Point(結論)の順に紹介します。

【Point1】読み手に合わせた表現を心がける

文章を書く際には、読み手に合わせた表現を心がけることが大切です。読み手が理解しやすい言葉選びや、分かりやすい構成を心がけることで、文章をより伝わりやすくすることができます。

【Reason1】読み手の興味を引くため

読み手に合わせた表現をすることで、興味を引くことができます。読者が興味を持って読み進めることで、記事の伝わりやすさが増すため、表現には十分に注意が必要です。

【Example1】「新しいiPhoneが発売されました」という表現

例えば、「新しいiPhoneが発売されました」という表現は、一般的な表現であり、多くの人に理解されやすい表現です。

【Point2】構成を工夫する

文章の構成も重要なポイントです。構成が論理的であることや、段落を分けることで読みやすくすることが大切です。

【Reason2】読み手の理解を深めるため

構成が論理的であることで、読者が文章の流れを理解しやすくなります。また、段落を分けることで、文章を読みやすくすることができます。

【Example2】段落を分ける

例えば、「伝わる文章術」というテーマであれば、Point1からReason1、Example1までを一つの段落にまとめ、それ以降のPoint2からReason2、Example2までを別の段落に分けることで、読みやすい構成にすることができます。

以上が、「伝わる文章術」初心者でも使える文章を書くコツを紹介する記事です。表現や構成に注意を払うことで、読者に伝わりやすい文章を書くことができます。

PREP法

Point(結論)→Reason(理由)→Example(具体例)→Point(結論) の順番で書く

分かりやすい文章

「分かりやすい文章」について、説明していきます。

文章を書くときに、どのようにすれば読み手にとって分かりやすい文章になるのでしょうか?

今回は、小学生にも分かりやすい文章でお伝えしていきます。

まず、「分かりやすい文章」とは何かを考えてみましょう。

分かりやすい文章とは、読み手がスムーズに読み進めることができ、理解しやすい文章のことです。

このような文章を書くためには、以下の点に気をつけることが大切です。

【Point】 ・簡潔にまとめる ・専門用語を避ける ・具体的な例を用いる

【Reason】 文章を簡潔にまとめることは、読み手にとって無駄な情報を省き、要点を押さえた内容を伝えることができます。

また、専門用語を避けることで、読み手が理解しにくくなることを防ぐことができます。

具体的な例を用いることで、抽象的な概念をわかりやすく表現することができます。

【Example】 例えば、以下のような文章は分かりにくいと言えます。

「医療従事者が医療行為を実施する際には、適切な医療技術を用い、患者に対して的確な情報提供を行うことが必要である。」

この文章を簡潔にまとめ、専門用語を避け、具体的な例を用いると、以下のような文章にすることができます。

「医療従事者は、患者に対して必要な情報を提供し、正確な医療技術を用いることが大切です。例えば、血圧計を使って血圧を測定するなど、具体的な方法を取り入れることが良いでしょう。」

【Point】 分かりやすい文章を書くためには、簡潔にまとめ、専門用語を避け、具体的な例を用いることが大切です。

以上が、「分かりやすい文章」についての説明となります。小学生でも分かりやすく説明することができたでしょうか。

文章を書く準備

メモを取る

「文章を書く準備」として、まずはメモを取ることが大切です。

メモを取ることで、頭の中にあるアイデアを整理し、具体的な文章にすることができます。

さらに、後で確認することができるので、情報を見落とすこともありません。

【ポイント】 ・普段からメモを取ることが大切 ・アイデアを貯めておく

【理由】 普段からメモを取るクセをつけることで、以下のようなメリットがあります。

・アイデアを思いついた瞬間にメモを取ることができる
・アイデアを忘れることがなくなる
・アイデアを貯めることで、記事を書く際にアイデアを選択することができる
・アイデアを貯めることで、記事を書く際のネタ切れを防ぐことができる

【例】 例、普段からメモを取るクセをつけることで、以下のようなアイデアを貯めることができます。

・日常生活で気づいたこと
・読んだ本や記事から得た知識
・ブログやSNSで見つけたた面白い情報

【ポイント】 普段からメモを取ることで、アイデアを貯めることができます。

記事を書く際には、貯めたアイデアから選択することで、より良い記事を書くことができます。

以上が、「文章を書く準備」としてのメモ取りについて、普段からメモを取ることの重要性についてのポイントです。

インプットをする

「文章を書く準備」として、インプットをすることが大切です。

インプットとは、情報を収集することで、その情報を元に自分なりのアウトプット(文章を書くこと)を行うことができます。

今回は、文章を書く前に行うべきインプットの方法について、詳しくお伝えします。

【ポイント】 ・インプットが重要 ・情報を収集することで、自分なりのアウトプットができる

【理由】 インプットをすることによって、以下のようなメリットがあります。

・知識や情報を広げることができる
・自分なりの考えを深めることができる
・自分なりのアウトプットをすることができる

【例】 インプットの方法として、以下のようなものがあります。

・本を読む
・ニュースを見る
・ブログやSNSを読む
・セミナーや講座に参加する
・人と話す

これらの方法で、様々な情報を収集することができます。

また、自分が興味を持っている分野について情報を収集することで、より深い知識を得ることができます。

【ポイント】 文章を書く前には、インプットをすることが大切です。

情報を収集することで、自分なりの考えを深め、自分なりのアウトプットをすることができます。

以上が、「文章を書く準備」としてのインプットについての記事です。

まとめ

この記事では、初心者でも使える文章を書くコツを紹介しました。

文章を書く前には、まず伝えたいポイントを明確にすることが大切です。

そのためには、ポイント(結論)→理由(理由)→例(具体例)→ポイント(結論) 流れを意識して書くことが効果的です。

また、メモを取ることやインプットすることも大切で、普段からクセをつけてアイデアを貯めておくことが文章を書く際には、読者に寄り添い、分かりやすい言葉や例えを使って伝えることを伝えましょう。

-就職・転職・副業
-,